ハーレーダビッドソンジャパン正規販売網・ビューエル契約正規販売店

Buell Leo オリジナルパーツ

チタン合金パーツ

1948年にアメリカ国防省によって、ジェット戦闘機用エンジンの構成部材として開発されたチタニウム合金です。「Ti-6A1-4V」の合金比は、チタニウム90%・アルミニウム6%・バナジウム4%の3つの元素により構成されており、超軽量・高強度・高耐熱性という特徴に加え、他のチタン合金に比べ切削性・溶接性にも優れた素材です。
Buellレオでは早くからこの「Ti-6A1-4V」の可能性に着目し、オリジナル開発のパーツを含む、数々のチタン合金パーツを販売してきました。(Made by BetaTITANIUM)

[ご注意]
チタン合金パーツは、重要保安部品及びそれを取り扱う作業を要する為、
一般ユーザーの方への販売はおこなっておりません。正規ディーラーを通してご注文下さい。

チタン合金リアブレーキローターボルトセット(ベータチタニウム製)

チタン合金リアブレーキローターボルトセット

ノーマルボルトと比較して重量で1/3ながら、約1.5倍の強度を誇り「軽量化と高強度」を実現した高品位なボルトです。このチタン合金ボルトに換装するだけで、リアまわりのバネ下重量の軽減による路面追従性の大幅な向上を実現します。又、リアプーリーボルトセットとの組み合わせでより高い効果を発揮します。

価格ノーマル ¥22,800 [税別] / 6本セット
(陽極酸化加工品 ¥26,400 [税別] / 6本セット)

[陽極酸化処理]
水溶液中のチタン合金に一定の電流を流すと、表面に酸化皮膜が生じ、それが発色します。 陽極酸化処理では表面のみを酸化させるため、全く強度を損なう事なく、チタンにしか出来ない色を表現します。